汚れの種類によって使う洗剤は違う

サイトマップ

トップバナー

加齢臭と洗濯1

加齢臭の染みついた衣類

加齢臭がついた衣類はとても臭いですよね。加齢臭がひどくなる と、近寄ることもできないですし吐き気もします。何より大変なのは、この加 齢臭、洗濯しても臭いが落ちないこと。洗浄力の強い洗剤、香りの良い柔軟剤、漂白剤、2 度洗い、浸けおき洗い、これらを試しても落ちませんでした。これだけ強い臭いですと 、他の洗濯物に臭いが移るのではと心配です。

汚れの種類によって洗浄成分や水温が違う

洗濯しても臭いが落ちない理由に、皮脂を落とす成分が配合されていないというの があります。洗浄力が高い洗剤でも、皮脂を落とす成分が入っているとは限りません。 汚れを落としたり香りの強い洗剤や柔軟剤を使っても、加齢臭をごまかせん 。一般的に、洗剤は洗浄力に力を入れて開発されています。つまり、消臭成分が含 まれていない、消臭効果があまりないのです。消臭効果よりも良い香りの方が 売りになっていることが多いです。

普通に洗濯しても取れない臭いを取るには、どうすればよいのでしょうか。そればまず、洗剤のパワーを最大限に引き出せるような使い方をしてあげましょう。厳密に言いますと、洗濯というものは、汚れの種類によって洗浄成分や水温が違うものです。一般的に30~40℃くらいのぬるま湯で洗うのが、洗濯に適していると言われています。この温度が、洗剤の洗浄能力の効果を発揮するのです。

汚れの種類

臭う洗濯物

ほとんどの家庭が使う洗剤は1種類ですよね。 洗濯機に洗濯物を入れて洗剤や柔軟剤、漂白剤を入れてスタートボタンを押すといった方法ですよね。 注目して欲しいのは洗剤です。 洗濯洗剤を選ぶときの基準はどういったものでしょうか。 汚れが落ちるかどうか、仕上がりが柔らかいかどうか、好みの香りかという基準が多いですよね。

汚れの種類によって使う洗剤 ポイント

実は、汚れの種類によって使う洗剤は異なってきます。 タマゴ・牛乳・クリーム・肉類などのたんぱく質汚れですと、たんぱく質分解酵素が必要になります。 お米・糖類・デンプンなどの炭水化物の汚れは、でんぷん分解酵素です。 皮脂・揚げ物・機械油などの脂質の汚れの場合は、脂質分解酵素が必要になり ます。この過程によって、体臭の元になるものができあがってくるのです。逆に言うと、これ を減らせば体臭も減るのです。もちろん完全になくなってしまうわけではないですが、減らせるものは減らしたほうが 効果的です。

加齢臭に対して効率的に対策するには