犬の体臭の原因

サイトマップ

トップバナー

ペットの犬にも加齢臭

犬の体臭の原因の中に食事

犬にも加齢臭があります。犬の加齢臭は皮脂腺から分泌された皮脂やたんぱく 質が酸化したり、皮膚常在菌に分解されることで臭いの原因物質が作られます。そして、それが体臭の原 因です。肛門腺に分泌物が溜まると体臭が強くなるケースもあります。腸内に悪玉菌が多く なると便臭が強くなり、それが原因で体臭が強くなることもあります。

犬の体臭の原因に食事があります。肉ばかりだと体臭が強 くなる傾向があります。また、犬の腸内環境は年齢を重ねると善玉菌が少なくな り、悪玉菌が増えます。加熱加工されたフードばかりだと、臭いが強くなっていって ませんか?それはこういった理由なのです。便臭だけでなく、腸内の悪玉菌が作 り出した腐敗臭が血液中にも吸収されてしまいます。

口臭が原因の場合もある

また、犬の体臭は、口臭が原因の場合もあります。歯の間や舌の上に残った食べカスが原因でして、時間と共に腐敗したりします。残った食べカスを歯周病菌が分解した際に毒素が生成され、それらの悪臭成分が腸管から血液へ吸収されるなどします。吸収されたものは、肺からの呼気や皮膚の皮脂腺から排出され、強い体臭となるです。他にも、カビやブドウ球菌などの皮膚常在菌が増殖して起こる皮膚炎などがあります。甲状腺ホルモンの分泌量に異常が生じた場合、皮脂の分泌量が急に多くなり、それが原因で体臭が強くなることもあります。

犬の体臭対策

見つめる犬

まずは、バランスのとれた食事を与えることが大切です。 人間の食事は犬にとってよいものとは言えません。 高カロリーで味も濃いので体臭の原因になってしまいます。 愛犬の健康を思うなら、どんなに欲しがっても与えないようにしましょう。 また、腸内の善玉菌が減少すると危険です。 悪玉菌が増えて、腸内で腐敗臭が多く生成されます。 それを防ぐには、乳酸菌や酵素などの有用微生物を含んだ発酵食品が良いでしょう。 定期的に与えてあげると、腸内環境が改善されると思います。

口臭予防には歯磨きがおすすめ ポイント

口臭予防には歯磨きをおすすめします。 嫌がるかもしれませんので、いきなり歯磨きをせず、まずは唇を持ち上げる・歯肉をマッサージするなどから始めましょう。 口の周りに触れるところから慣れていってください。 皮膚病の犬の場合には、まずは皮膚病の治療を行ってください。 皮膚常在菌が原因の場合ですと、こまめに体を拭くなどをして衛生的に保つように心がけましょう。 注意して欲しいのがシャンプーです。 何度もシャンプーをしないと、髪がいつまで経っても綺麗にならないと勘違いしている人がいますが、 過度なシャンプーは皮膚病の症状をさらに悪化させてしまうことがあります。 シャンプーのやりすぎには気をつけてください。犬は痛みを言葉で表せませんので気づいたら手遅れになりかねません。

加齢臭に対して効率的に対策するには